スポンサーリンク

【チェキ】instax mini25レビュー【購入して良かったこと悪かったこと】

写真
スポンサーリンク

 最近チェキを始めました。チェキでは独特の雰囲気のある写真が撮れるので、最近インスタグラムでも人気ですよね。そんなチェキにも沢山の種類があるのですが、私はその中でも富士フイルムのinstax mini25を選びました。今まで写真はスマホで十分だと思っていましたが、チェキは本当に楽しいです。

 今回はInstax mini25のレビューをしつつ、チェキの魅力をご紹介しようと思います。


富士フィルム インスタントカメラ instax mini 25 『チェキ』 ホワイト 純正ハンドストラップ付き INS MINI 25 WT N

Instax mini25の特徴

濃淡コントロール機能

 Instax mini25には「濃淡コントロール機能」という、プリントの仕上がりの明るさ・暗さを調整できる機能があります。明るく設定すればインスタグラムで流行っている、ちょっとぼやけた幻想的な写真を撮ることができます。私はまだあまり使いこなせていないので、色々と試してみたいと思います!

背景きれいフラッシュ

 Instax mini25は周りの明るさを認識して、シャッタースピードを自動で調節してくれます。私も撮影している時に急にフラッシュが焚かれて驚いたのですが、そのおかげできれいに写真を撮ることができました。

2つのシャッターボタン

 Instax mini25には2つのシャッターボタンがあるので、縦だけでなく横でも撮影がしやすいです。撮れるものの幅も広がるので、魅力的ですよね。

接写レンズ付き

 付属品として、約35cmまで近づける接写レンズがあります。接写レンズを使えば、お花やスイーツ、コスメなどをきれいにおしゃれに撮れるでしょう。

セルフショットミラー

 Instax mini25にはレンズ横にミラーがついているので、自撮りができます。これは私的にはとても大きいポイントでした。小さいミラーなのですが、あるとないとでは大違い!友達と一緒にチェキを撮るのはとても楽しいです。(チェキは良い感じにぼやっとフィルターがかかったように映るので、盛れますよー!笑)

使ってみてわかった チェキの良いところ悪いところ

チェキの良いところ

なんとなく上手に見える

 チェキで撮影するだけで独特の雰囲気が出るので、なんとなく写真が上手になった気分を味わえます笑 

ただ、自分のイメージ通りの写真が撮れるには練習が必要みたいです……

その場でプリントできる

 チェキはその場でフィルムが出てくるので、撮影してすぐに写真をモノとして手に取ることができます。また、友人や家族と写真を撮った時にその場でプレゼントすることができるのも良いですよね。

チェキの悪いところ

失敗してもすぐに気付けない

 チェキは撮影してプリントされるまで少しかかるので、その場を離れてから失敗に気づくということが多々あります。それこそチェキの醍醐味かもしれませんが……笑

フィルムが高い

 チェキのフィルムは、10枚入りで700~850円ほどです。普段スマホで大量に写真を撮る方からすると1枚における価格は高いと感じますよね。

 しかし、その分1枚1枚を大切に撮るようになるので、失敗したとしてもそれはそれで思い入れの深い写真になると思います!

 また、チェキのフィルムの値段は変動が度々あります。その中でも最安値はAmazonだったので、できるだけ安くチェキのフィルムを買うならAmazonがオススメです。また、フィルムには10枚入りだけでなく20枚入りや100枚入りもあるのですが、必ずしも多い枚数で一気に買った方がお得とは言えないのでご注意を!

例: 商品①20枚入り 1207円

   商品②20枚×5 1000枚入り 6620円

   商品②を買うより商品①を5個買う方が1207円×5=6035円で安い!

 現在の価格でリサーチしたところ、一気に600枚など大量に購入しない限りは20枚入りのセットが一番お得だと思います!

 どうしてもチェキで失敗したくない!フィルムを無駄にしたくない!という方はフィルムに印刷する前に写真を確認できるタイプのチェキ(instax SQUARE SQ10)もあります。


フジフイルム インスタントカメラ instax SQUARE SQ 10 「チェキ」ブラック

チェキを買った後に気をつけるべきこと

カウンターは裏蓋を開けるとリセットされる!

チェキにはフィルムの残り枚数を表示してくれるカウンターがついているのですが、このカウントはフィルムカートリッジをセットした(裏にあるフィルム交換用の蓋を開けた時)にリセットされます。

 つまり、フィルムの残りがまだある段階で蓋を開けてしまうと、カウンターがリセットされ、実際の残り枚数と合わなくなります。まだフィルムが残っていると勘違いして肝心な時に撮影できなかった、となると悲しいので蓋はむやみに開けないようにしましょう。

【チェキ】instax mini25レビュー まとめ

やっぱりチェキは楽しい!

Instax mini25はカメラ・チェキ初心者でもすぐに楽しむことができるチェキだと思います。

自分の想像とは違ったものになるときもありますが、それはそれで面白く、そんな偶然性が新たな創作意欲を湧かせてくれるとも感じています。例えば、チェキとスマホの写真をおしゃれに組み合わせてインスタグラムにアップしたり、チェキでお部屋を飾ったりしている方がいます。それもとても素敵ですし、私だったら一枚のチェキをテーマに小説にまで派生させてみ流のもいいなあと思っています!

 魅力いっぱいのチェキ、特にinstax mini25はお手頃で操作も簡単なので、ぜひ皆さんも挑戦してみてください!

写真
スポンサーリンク
nakoをフォローする
スポンサーリンク
世界をちょっと創ってみよう

コメント